スポンサーリンク

夫は敵?味方?家族なんだよね?

about 夫

あなたのパートナーは自分の味方だと思いますか?
それとも敵だと思いますか?
(敵だと思う方は少数だと思いますが)

私は、夫が私の味方をしてくれていると感じた事はありません。

先日、こんな事がありました。
以前に記事で同じマンションに住むサイコパスの住人の話を書いたんですけど
イクメンの近所の旦那さんから電話番号を聞かれたという話で、詳細は読んでもらったらわかると思うんですが。

その時にその旦那さんは私の息子がいつから小学校に行くのかすごく気にしていたんですね。
私はその時、なんでそんなに気になるんだろう?と思っていたんですけど、
来年息子が小学生になるのでわかったんですけど、どうやら私の住む地区は“登校班”というものがあって(今はどこもあるのかな?私が小学生の時はありませんでした)
毎日必ず登校班でゾロゾロと小学校に登校するんです。
隣の大きなマンションの登校班なんて100人くらいいるんですよ。

で、息子はそのサイコパスの娘さんとこれから毎日登校する事になるんです。
そして、班長には必ずLINEなどの連絡先を教えなければいけない。

私はいつかあのサイコパスの旦那さんと連絡先が繋がる可能性がある事にとても恐怖を感じました。
(あの時あの旦那さんがどういう意図で聞いてきていたのかは不明ですが)

その事をふと夫に話した時のこと。
「その旦那さんきっと良い人だよ」って言い出したんですね。

…い、良い人?
そんなん言ったら、今話題の渡○健だって、DV男だって、みんな良い人って事にならない?
麻原ショウ○○だって根は良い人かもよ?

夫はいつもそうなんです。
私に何か嫌な出来事が起きた時、必ず相手の味方をするんです。

仕事や人間関係で理不尽な事があった。
嫌な気持ちになる出来事があった。
悲しい事があった。

そんな話を夫に話すと、夫は必ず「その人は悪くない」とか「tokoの被害妄想でしょ」とか何故か「その人が可哀想」とまで言い出すんですね。
明らかに!明らかに相手が理不尽な場合もですよ。
いかなる場合も、味方にはなってくれません。
だからいつも「話さなければ良かったな…」って思うんです。

私は夫がたまに仕事で納得いかない事があって話してくれた時は、ちゃんと夫の味方しますよ。
わざわざ私に話すって事は、夫はそれを望んでるんだと思いますし、やっぱり理不尽な出来事だからです。

この前も勤め先で今万引きが多発していて、防犯カメラの映像を見ると大学生くらいの若い男の子なんです。その子は夜の遅い人が少ない時間帯に大きなトートバックを下げて来て、資生堂とか高いお化粧品を売っているコーナーをグルグルとしていて、明らかに怪しかったらしく社員の人が声を掛けたら「また来ます」と言って去っていったそうです。
近隣の店舗にもその男の子は出没していて、朝礼で「この男の子を見たら気をつけてください」って言われて、なんだか警察24時みたいな世界で若干興奮気味で私はその話を夫にしました。

そうしたら「その人、万引き犯じゃないよ」って言い出したんです。
(実際マジで万引き犯で50万円分くらい盗られました)
多分ね、私がその男の事を“敵”という体で話しているから、私の敵の味方をしたくなったんでしょうね。
そういう人ですから。

そういう会話が、いつも日常の随所随所にあって、私の脳も心も夫を味方とは認識していません。

夫は私の事を敵と思っているんですかね?
私がこの前、豆からコーヒーを入れた時なんか「俺のほうが美味しく入れられる」という事を私に言うためにわざわざコーヒーを更に入れてましたし、

皮から小籠包を作って夕飯に出した時なんか、もっと美味しく小籠包を作る方法をYoutubeで検索して、そのYoutubeを見ながら私の苦労の集大成の小籠包を食べてましたからね。
自分で言うのもなんですけど、ほんと美味しかったんですよ。
で、「今週小籠包作り直そうかな」とか言ってますからね。

なんなん?
あなたは一体何がしたいの?
とにかく私に負けたくないの?
私に勝ったら何があるの?
ただ、私に「俺のほうが上だ」って誇示したいだけ?
ただそれだけ?

それだけの為に、私の気持ちを踏みにじって、私の努力を蔑ろにするの?

そんなのって家族って言えるんでしょうか?



コメント

  1. はっぱ より:

    tokoさんお久しぶりです。

    ごめんなさい。旦那さんおかしいですよ。
    離婚の準備した方がいいと思います。
    ちゃんと弁護士を立てて、婚姻費用分担調停起こして。お金の心配は入りません。こういうのは女性が勝つようにできています。

    もしかしたら養育費を払ってもらえないかもしれませんが、それでもこんな人と一緒にいるよりはマシだと思います。妻と離れて私はそう思っています。

タイトルとURLをコピーしました