スポンサーリンク

「自分で考える」という事を辞めてしまった夫

私の夫、変なんです

私が夫に対してストレスだったこと、ベスト3に入るのが
“夫が自分で何も考えなくなってしまったこと”です。
以前書いた道案内についてもそうですが、

「冷蔵庫に○○入ってるから取ってー!」
と頼むと、
冷蔵庫を開ける前から「どこ?」
と聞いてきます。

普通、冷蔵庫開ける→冷蔵庫の中を見渡す→見つからない→そこで初めて「どこ?」
って聞くものだと思うんですけど、その工程を相当端折ります。

ビビったのが、扇風機の近くにいた夫に「扇風機止めて」と頼んだ時「どうやってとめるの?」
って聞いてきたんです。
うちの扇風機、そんな色々機能ある様なすごいやつじゃないんですよ。
ボタン1個しかないんですよ?てか文字、読めるよね?

私、家事で手が話せなくて
「(息子の)歯磨いてくれる?」って聞いた時も「歯ブラシどこにあるの?」って聞いてくるんです。
いやいや、洗面所しかないでしょ!と思いつつも
「洗面所にあるよ」って答えると「持ってきて」と言われます。


ほんとそんなんでどうやって仕事してるの?

私に頼まれごとしているのが面白くないんでしょうね。

とにかく、自分で考えないで
いつ、何時でも私に答えを求めてくる。

そのやりとりが本当にストレスでいつからか夫に頼みごとをすることをやめました。
思い荷物も、重労働も、一般的に家庭内の夫の役割も全部自分でやることに決めました。
だから実家に帰った時に母がめちゃくちゃ気軽に父に「~やって!」と頼みごとをしているのを見て衝撃でした。
え?!そんなことまで頼んでいいの?て事まで頼むし、しかも母の思いつきの「今すぐやって」の要望にも答えるんですよ。

それを当たり前にやる父の凄さを、今になって感じる訳です。
当たり前なのかもしれないけど、当たり前のことが出来る父、尊敬しております。

コメント

タイトルとURLをコピーしました