スポンサーリンク

歩み寄ってみた結果

うちの変なモラハラ夫

3連休でしたねー…
ずっと夫と過ごしておりました。
モラハラは無かったんですけど、めちゃくちゃ疲れて、昨日の夜のドラマの最終回は最後まで起きていられませんでした。
今日の朝も、体がグッタリで、これを書いてる夕方もまだ疲れが取れていないです。

何が疲れるって、まずコミュニケーションが上手い事いかないんです。
私の言ってる事をちゃんと聞かずに蔑ろ(ないがしろ)にするもんだから、すんなりいく事が二度手間になったり、って事も何度もありました。
それと夫はすでに行き先とか色々決めているにも関わらず、私に教えてくれる事がないんです。
だから常に突然「行くぞ!」って言われて「え?!どこいくの?!」「なにするの?!」ってなるんですよね。その行き先によって、色々準備とかも変わってくるから本当に困りました。
私への連絡がまるで無いんです。
黙って車に乗せられて、急に目的地に着く事もありました。(決してサプライズとかじゃないです)
途中に「どこに行くの?」って聞いてるのに答えてくれないんです。

普通、普通ですよ?
家を出る前に「今日何しようか~?○○しようか!」「○○行こうか!」とかっていう会話があって→車に乗って出かける
ですよね?
夫は自分の中で決めて、色んな過程を端折って、急に車に乗って出かけるんです。。
「黙って付いて来い」って思ってるんだと思います。

それから「俺!俺!俺を見て!俺って凄くない?!」的な発言がとにか多くてそれも疲れました。

これらもまた、決して悪い事ではないけど、つ、つ、つ、疲れる…

そして、私、小さな事ですが歩み寄ってみたんです!
3連休の初日に息子と3人で公園に行った時の事。
私は縄跳びの2重跳びの練習をしたくて、縄跳びを持って行きました。体調もあまり良くなくて私は5回くらいしか出来ませんでした。
そんな私を見て夫は自分がどれだけ出来るのか私に見せたくて堪らない様子。
夫が「なわとび貸して」ってやっぱり言ってきたので縄跳びを貸して、私は息子と遊ぶ事にしました。そうしたら公園の中にぶらさがり健康器の様なものがあって、肩こりも感じていたのでぶら下がりました。そこで、

「夫と、どれだけぶら下がっていられるか対決したら楽しいんじゃない?!」って閃いたんです!

それで私は夫を呼んで「対決しようよっ!」って誘ったんです。
小さな事ですけど《一緒に何かしよう》と誘う事。これが今の私が夫に出来る歩み寄りでした。

そうしたら夫に「縄跳びが出来なくなるからしない」と断られました。

せいぜい1分ぶら下がるだけですよ?

でも私は食い下がりました。
「え?!しようよ!ちょっとぶら下がるだけだよ?」
でもやっぱり夫は「縄跳びが飛べなくなるから」と言って断りました。

つい「ノリ悪!」って言っちゃいました。

そしてその後、夫は二重跳びをしまくって私に
「ねぇ!俺、二重跳び30回も出来たよ!30回!」「今度は45回も出来た!」と何度も言ってきて「あぁ、夫は私に2重跳び○○回出来たって私に言いたいが為に、私からの誘いを断固として拒否したんだな…」と思いました。

もはや私の中では、夫が何回二重跳びが出来たかどうかなんてどうでも良くて、私はそんな事よりも、一緒に楽しみたかっただけなんだけどな。
歩み寄った結果はこんな感じでした。
大後悔。

こういう所なんだよな。

こんな小さな事でも私の事を優先してくれない。
自分の何かを誇示したいという気持ちを最優先させてしまう夫。
悪い事じゃない。
誰かを傷つける訳でもない。

でも、でも、でも、すっごく嫌だ。


離婚する程の事じゃないんだけど。
でもすっごく嫌だ。

小さな事だけど、今の私には大きな事でした。

離婚する程じゃない事が山程あったら、離婚してもいいの?

とりあえず初日はこんな感じでした。
3日間も一緒にいれば、他にも色々ありました。。

書ききれないのでまた書きますね。

コメント

  1. なつけ より:

    夫さんはTokoさんに褒められたい、認められたいんですね。子供の頃に両親から認められなかった気持ちをTokoさんに求めていらっしゃるように感じました。わたしの夫とすごく共通するところがあるのでコメントしてしまいました。ちなみにわたしも小さな子供(1歳8ヶ月)がおり別居検討中です。承認欲求を満たすために妻がいるんじゃないと言いたいです。いい大人なんだから自分のことは自分で認めてあげて欲しいです。
    このブログに出会えて私が感じている日々の辛さは夫からのモラハラだと気付きました。ありがとうございます。

    • toko toko より:

      コメントありがとうございます^_^
      そのように言っていただけて嬉しいです。
      しんどいですよね。
      この心に引っかかる違和感や生活のしづらさは、この人種の夫と住んだ人にしかわからないと思います。
      私もやはり幼い頃の環境によるものなのかなぁと考えています。
      別居を考えてるとのことですが、この人種の夫と別居や離婚の話は特に!心を削ってきますので、
      しっかりと心の準備もされるといいと思います。
      その他にも色々と準備しなくてはならないことや、考えなくてはならないことが沢山あると思いますが、
      頼れる人や行政にバンバン頼って、負けずに頑張って下さい!
      応援しています。

タイトルとURLをコピーしました