スポンサーリンク

自粛生活が私たち夫婦にもたらしたこと

tokoの部屋

はじめに

志村けんさんの記事にも書かせてもらいましたが、
最初にコロナのニュースを見た時、まさか日本が、世界が、こんな事になるなんて思いもしませんでした。

本当に大変な事になりました。
世界中の人にとって“こんなの生まれて初めて!”な事だと思います。

目に見えないウイルスに怯える日々。
町中のお店が閉まっていて、スーパーの棚は不自然にガラガラ。
すれ違う人は皆んなマスクをつけていて。
袋叩きにされる総理。
何だか映画の中に入り込んでしまったかのような錯覚に陥りますね。

私は小さい時に見ていたKinki Kidsが出ていた「未満都市」というドラマを思い出しました。(知ってる人いるかな…)

自粛生活をしていて思ったのが、案外家族ってビッシリ一緒に過ごす事って無いんですよね。
私自身、息子とこんなに一緒に過ごすのは息子が赤ちゃんの時以来です。
なので自粛生活を経て、今まで見えなかった事が見えてきた方も沢山いるのではないかと思います。

私の自粛生活

春休みに実家に帰省していた所、緊急事態宣言があって私と息子はそのまま実家のお世話になる事となりました。(今思うと帰省は軽率な行動だったと反省しています)
そしてそんな実家暮らしももう1ヶ月半が経とうとしています。

今まで通っていた市の離婚相談も中止になって、正直離婚するとか、しないとか言ってる場合ではなくなってしましました。

そして夫とこんなに長く離れたのは里帰り出産以来です。

別居を始めたものの、なんだかんだで毎週ダラダラと会っていて、今回否が応にも会わなくなったので、この自粛生活が自分の結婚生活を見つめ直す良い機会になりました。

夫と離れて、実家で約1ヶ月半過ごして見えてきた事があります。
今日はその事について書こうと思います。

離れてみて見えてきたこと

まず思ったのが、人と人が一緒に生活をするのは大変だという事。
今実家にお世話になっていて、父と母と私と息子と一緒に居るのですが

もちろん両親の事は大好きです。

でも、父と結婚生活を送るのは絶対に無理だと思いました。
それでも父と一生を添い遂げるつもりの母。

そして少し変わっている所がある母。
そんな母にイライラしながらも、母を頼り続ける父。

価値観も性格もまるで違う父と母。

不穏な空気が流れる事もしばしば。

TVを見て、美味しいねってご飯を食べて、仕事に行って、休みの日は出掛けて、出先でイライラする事があって、時間が経って仲直りして、帰って、また小さな喧嘩をして、気を遣ったりして、ニュースを見てニュースの内容についてまた言い合いして、寝て、また朝になって、お弁当を作って、コーヒーを飲んで、少しだけたわいも無い会話をして、そしてまた仕事に行って。

この長い自粛生活にこういう両親の生活の中で過ごさせてもらって
率直に、父とずっと一緒にいる母って凄いな、逆に、母とずっと一緒にいる父って凄いな、と思いました。

結婚ってそういうことなのかな、と。

嫌なところがあって、話も合わなくて、イライラして、たまにいい時がある。
それでも一緒に出掛けるし、一緒にTVを見るし、一緒にご飯を食べる。

そういうのが夫婦なのかな、と。

自粛期間中の夫

私は新しい家で、息子と猫と植物と一緒に住んでいます。

元々1週間で帰る予定だったので、猫と植物のお世話を近所に住む方にお願いしていました。

でもこういう事態になってしまって、生活に困る事は確実だったので「実家のお世話になれるならなりたい」と思っていましたが、猫がやっぱり心配でした。

すると夫が「猫は俺がお世話してるから、実家でゆっくりしておいで」と言ってくれました。
猫は現在、夫の家で過ごしています。

そして、週2回程、私の家に行って植物に水をあげてくれています。

夫の計らいのお陰で、今現在私はこうして何とか生活の心配をする事なく息子と生活出来ていて、本当に夫に感謝しています。

この自粛生活に強制的に離れられた事が、私達夫婦には少しだけいい方に動いたのかもしれません。

最後に

この自粛生活で、夫に対して、結婚生活について自分の見え方が変わってきた事は確かです。

でも、だからと言って「また夫と暮らそう!」とは簡単に思えません。

じゃあこれからどうするのか?
その答えはまだ見えません。

何が夫とまた戻ってもいいサインなのか?
夫が変わる事はないのか?
そうなった時は離婚という選択肢しかないのか?

まだまだ見えてこない事も沢山ありますが、とにかく今は日常に戻る事が一番大切です。

またそれから考えたいと思います。

コメント

  1. はっぱ より:

    こんにちは。本当に大変な世の中になっちゃいましたね。
    人の嫌なところを連日テレビやツイッターなどで目に入り、なんだか気分も落ちてしまいますね。

    なんとなくですがtokoさんも環境が変わって離婚を迷われているみたいですね。

    なんだか自分の妻の心境を見ているようです。
    旦那さんが、tokoさんが妥協できる程度の「マシ」になってくれるといいですね。

    • toko toko より:

      はっぱさん
      コメントありがとうございます。
      またまた返事が遅くなってしまいました。。

      はっぱさんの言う通りです。
      離婚迷ってます。

      奥様も悩まれてるんですね。
      はっぱさんの気持ちが奥様に届いてきたのではないでしょうか?

      人生一度きり!
      悔いの無い様に頑張りましょう!!

タイトルとURLをコピーしました