スポンサーリンク

交わることのない話し合い3

別居について

交わらない話し合い1交わらない話し合い2、の続き。

おわかりの通り私と夫の戦いも佳境を迎えています。
前回、私は夫に「急に飲みに行くのをやめて欲しい」と伝えました。
それは、飲みがダメ!というよりも、自分よりも家族を優先して考えられる人になって欲しかったのです。
でも夫は飲み方が本当に激しくて、飲んだ翌日、更には翌々日まで家族に迷惑をかけるので本当にやめて欲しい気持ちもありました。

そしてこの夫との戦いと平行してMちゃんにも相談し続けていました。

Mちゃんから“夫の良いところ、嫌なところ”をノートに書き出すという宿題を出してもらい、その宿題をこなしました。

それを踏まえた上での話し合いの続きがこちら↓

toko
toko

何で当日急に飲みに行かれるのが嫌な理由は
モラ夫の飲みにずっと振り回されてるから。

toko
toko

誰かが成果を挙げたり、嫌な事があったら、不定期で飲みに行きたいってことだよね?
それは月曜かもしれないし、火曜日かもしれないし、
毎日、毎日帰ってくるかわからないってことだよね?

夫

週に1、2回くらいだろ。

toko
toko

そういう人との生活は疲れるよ。
こっちは毎日「今日帰ってこないかもしれない」って思いながら生活するんだよ。

夫

たまーに帰って来ないのがそんなに寂しいの?

夫

逆に楽じゃないの?
ご飯作らなくていいし。

toko
toko

ご飯たくさん作りたいよ。
そんなの望んでないよ。

夫

基本は帰るけどたまには急な用事もあるでしょ。

この、交わっていない話し合いわかりますか?
ああいえばジョウユウ状態ですよ。
私が何を言っても、ヒョウヒョウと自分が有利になる返事が返ってくる。

もう何て返したらいいのか全くわからなくなって、
私はまたMちゃんに相談しました。笑
Mちゃんに頼りすぎですよね。
でもこの夫にはアホ過ぎる私の頭では、何も伝えられないんです。
自分でも何が言いたかったのかわからなくなるんです。

そしてMちゃんに相談した結果、夫に送ったLINEは

toko
toko

前日までに連絡してくれたら飲みに行ってもいい。

それが出来るか、出来ないのか。
それだけ答えて欲しい。

夫

もちろん出来るよ。
ただ理由を理解したいだけだよ。

り、り、り、理由?!
前回のLINEでも言ったし、今まで散々理由を伝えてきたと思っていたけど、それでもわからない様子。
国語のテストとかで問題出せそうですよね。
「さて、tokoが当日に飲みに行って欲しくない理由はなんでしょう?」
答えはこのページの中にしかもちろんありません。
わかりますよね?

でも夫はわからないんです。本気で。

なのでまたMちゃんにアドバイスをもらい↓このように送りました。

toko
toko

当日飲みに行くのが嫌な理由

・レシピやメニューを考える労力が無駄になる

・買い物に行く労力、作る労力も無駄になる

・毎日予定の定かではない人と生活をする事にストレスを感じる為
(何故ストレスを感じるのかわからないのであれば、それは人それぞれの価値観だと思う。私がストレスを感じているという事実だけを受け止めて欲しい)

・息子に「毎日帰ってくるかわからない父親」が普通だと思って欲しくない

・何故そんなに身軽でいるのか納得出来ないため

・その生活をしたいのなら結婚しなければよかったのに、と思ってしまうから

夫

オッケー わかりました

toko
toko

もう同じ事を繰り返したくないので、
次に同じ事があったらもう終わりにしたいと思ってる。

これが本当に最後の約束ね。

toko
toko

あと、後で「やっぱり理由がわからない」とか言うのもやめてね

夫

わかっぱー

夫

だけど今は一人暮らしでご飯ないから、急な飲みもわかってね

と、とっても軽めな、約束する気ある?っていう返事が返ってきました。
でも「わかった」と言っている以上は、こちらから言う事はなにもありません。

そしてその週は2度も当日飲みに行きました。

幸先が不安過ぎますが、とりあえずこの約束を守る前提で再構築しようかという話にまとまりました。

正直この決断が正しくないことはわかっています。
でも、一度は本気で離婚しようと覚悟を決めたので、
次にダメだったら絶対に離婚出来ると思っております。
なので、今の私はあまり恐れるものがありません。

夫にももっと強気で生きていこうと。
やって欲しい事はどんどんやってもらおうと、決めました。

これからの夫にこうご期待ですね。

コメント

  1. はっぱ より:

    おつかれさまです。
    旦那さん大丈夫かな( ;∀;)
    いい方向に進むとよいですね

タイトルとURLをコピーしました